経営指針委員会 〜 経営理念の成文化

同友会に入会すると、必ず耳にする言葉「経営指針」

「経営指針」とは、

  • 1.経営理念
  • 2.経営方針(ビジョン)
  • 3.経営計画

の3つから構成されています。

経営指針委員会は、経営指針の作成、経営理念の成文化をお手伝いする委員会です。

神奈川同友会では、2011年現在、1回3時間の講義を10週間連続で行い、その後1泊2日の合宿を行っています。この間に経営指針作成について学び、自社の経営理念を成文化し、経営指針をまとめます。

受講してみないと分からないことが多いのですが、受講した人は皆、「これは素晴らしい!」といいます。自分自身、自社を見つめ直すいい機会であるとともに、先輩(経営指針をすでに受講した経営者)からの厳しくも暖かいアドバイスがあり、ハードですが、貴重な機会になっています。

コンサルタントとして考えると、この経営指針を受講したかどうかというのは、とても大きな意味があります。受講された経営者と話をする方が、話が早いのです。経営者としての確固たる信念ができるという面もありますし、経営における重要な点を学んでいるという面もあります。

百聞は一見に如かず。

その素晴らしさは、受講してみなければ分かりません。「経営指針委員会を受講したい」というのがきっかけで、同友会に入会する方も多いようです。

中小企業家同友会は、全国各地にあります。興味を持たれた方は、各地の同友会事務局にお問い合わせ下さい。

論理と心のマーケティング
Copyright © Syncom Partners Co.Ltd 2009 - 2011 All Rights Reserved.