社員教育委員会 〜 各種研修会の実施

中小企業では、講師を呼んで社員教育をするということも、難しい場合があります。1社ではできないことでも、会員企業で協力すれば実現できる!と、神奈川同友会主催で社員研修を行っています。


「共育」というのは、経営者、社員が共に育つという意味です。経営者は例会で学びますが、社員の学ぶ場として社員研修の機会を提供しています。

2011年の時点で実施している研修は、次の通りです。

  • 新入社員研修・フォローアップ研修
  • 2年目社員研修
  • 2年目社員研修
  • 中堅社員研修
  • 幹部社員研修(連続講座)

同友会の研修の特徴は、例会と同様、参加者が作り上げていくところ。すべての研修に共通しているのは、グループ討論をし、模造紙にまとめて、みんなの前で発表するということです。


別の会社、別の業界である同年代の社員と意見交換することで、自分の世界が広り、違う会社でも同じような立場の人間がいることに気付いたり、モチベーション・アップにもつながり、大変貴重な場になっているようです。

異業種とはいっても、同じ同友会で学んでいる会社の社員が集まっていることは、経営者にとっても安心につながります。経営についての基本的な考え方が、共通しているからです。

強い会社、よい会社をつくるためには、社員の育成が欠かせませんが、神奈川同友会の社員教育委員会は、そのお手伝いをしています。

論理と心のマーケティング
Copyright © Syncom Partners Co.Ltd 2009 - 2011 All Rights Reserved.